重要なお知らせ

重要なお知らせ
  • 【知多市観光協会ホームページをリニューアルいたしました】 詳しくはこちら

× 閉じる

特 集

知多の伝統的な祭りとご利益スポット特集

知多の伝統的な祭りとご利益スポット巡り

四季を彩る知多のおまつり。豪華な山車に楽しい祭囃子、美しい獅子の舞など、地域の人々が大切に育んできた伝統的な文化、歴史、技の継承をぜひご覧ください。

※ 開催状況は年によって異なる場合があります

1月

1月1日 尾張万歳新春奉納公演おわりまんざいしんしゅんほうのうこうえん
  • 尾張万歳新春奉納公演

  • 新年は尾張万歳発祥の地で初笑い
    農閑期の出稼ぎ仕事として行われてきた「尾張万歳」は、上方漫才の原点とされる伝統的な祝福芸として知られ、平成8年には、国の重要無形民俗文化財の指定を受けています。
    毎年尾張八幡神社では、新しい年のはじまりに、ここ八幡(寺本)で生まれた尾張万歳の新春奉納公演を開催。門付万歳、三曲万歳、御殿万歳が奉納され、新春をお祝いするとともに、家内安全・繁栄を願い、笑いと福を招きます。

    尾張万歳新春奉納公演
    イベント詳細を見る

    Spot Overview

    八幡神社

    尾張八幡神社おわりはちまんじんじゃ
    八幡の地名の起りでもあります。本殿は貞享2年(1685年)に造営で、知多市文化財に指定されています。

    スポット詳細を見る

    1月第2月曜日 開運大日福だるま大祭
  • 開運大日福だるま大祭

  • 昨年の感謝と今年の幸せをだるまに込めて
    「だるま寺」として親しまれている大興寺では、毎年、成人の日に「だるま大祭」が行われています。新しいだるまに右目を入れて1年の家内安全や健康、長寿、志望校合格などを祈願し、その1年後には感謝の気持ちを込めて左目を書き入れ、お焚き上げ供養を行います。境内に山のように集められただるまが一斉に火にかけられ、供養される様子は必見!これまで見守ってくれただるまに感謝し、新たな気持ちが芽生えることでしょう。
    だるまには転んでも起き上がる力があります。夢や願いをだるまに込めて念じてみませんか。
    • 開運大日福だるま

    • 開運大日福だるま

    • 開運大日福だるま

    開運大日福だるま大祭
    イベント詳細を見る

    Spot Overview

    大興寺(だるま寺)

    大興寺だいこうじ
    通称「だるま寺」。成人の日に行われる「だるま大祭」で知られ、参拝者は大小さまざまな「大日福だるま」に願掛けをすることができます。

    スポット詳細を見る

    2月

    2月3日 節分豆まき式
  • 節分豆まき式

  • 華やかな節分衣装で豆まきに参加
    「めがね弘法」で有名な大智院の豆まき式は、自分で豆をまく珍しいスタイル。女性は打掛、男性は追難羽織を着て、「福」や「寿」など縁起の良い言葉を書き入れた福升を手に、参拝者ひとりひとりが本堂で豆をまきます(午前8時より受付順に参加/前売券も販売)。毎年、数千人が訪れるこの祭りは、境内に多くの露店も並び、とてもにぎやか。干支の紙飾りや恵比寿大黒・福豆も人気です。

    節分豆まき式
    イベント詳細を見る

    Spot Overview

    大智院(めがね弘法)

    大智院だいちいん(めがね弘法)
    その昔、目の不自由な参拝者が身代大師に祈願すると目が治り、代わりに大師の目が傷つきました。以来、その参拝者が残した眼鏡をかけています。

    スポット詳細を見る

    4月

    毎年4月第2日曜日 北粕谷きたかすや春祭り
  • 螺鈿らでんが輝く山車の曳き回し
    春の訪れを祝うとともに、五穀豊穣を願い、はやり病を鎮めるために始まったとされる祭りです。まつりの主役は、全国的にも珍しい総螺鈿(らでん)づくりの「花王車」(市指定文化財)。この山車は、文化年間に亀崎西組で建造されたもので、昭和2(1927)年に北粕谷が購入して以来、昭和33(1958)年まで巡行が行われていましたが、青年会解散により祭礼が中止に。平成10(1998)年から春祭りが復活し、街中巡行が行われるようになりました。
    祭当日は地区内を巡行し、夜には、山車に提灯が飾られ、幻想的な姿を見せてくれます。

    北粕谷春祭り
    イベント詳細を見る

    Spot Overview

    八社神社

    八社神社はっしゃじんじゃ
    国指定重要文化財である梵鐘ぼんしょう(宝治元年(1247年)在銘)、北粕谷山車(花王車)、曼茶羅図、棟札、翁面など、歴史的に価値のある品々が保管されている。

    スポット詳細を見る

    4月16日に近い日曜日 岡田春まつり
  • 岡田春祭り

  • 大迫力の方向転換「捻廻ねじまわし」が見もの
    知多の三大春祭りのひとつ「岡田春まつり」は、岡田の古い街並みの中で行われる山車まつりです。知多市の文化財に指定されている3台の山車「日車」「雨車」「風車」が揃い、男たちが威勢よく山車を方向転換する「捻廻し」が見ものです。
    また山車の上で行われる、からくり人形の舞が素晴らしく、とくに「日車」のからくり人形では見事な変身の瞬間には観客から盛大な拍手が沸き起こります。
    前日には子どもたちによる提灯行列や太鼓の打ち込みなども開催されます。

    岡田春祭り
    イベント詳細を見る

    Spot Overview

    岡田神明社

    岡田神明社おかだしんめいしゃ
    1622(元和8)年創建と伝わる地域の神社で、祭神は、天照皇大神・豊受皇大神。1957(昭和32)年に伊勢の神宮古材を下賜され社殿が造営されました。本殿の屋根は平成20年に葺きかえられ、荘厳で美しい桧皮葺となっています。神前結婚式や七五三祈祷などのほか、祈年祭、子供祭、夏祭、観月祭、新嘗祭などの祭典が行われています。

    スポット詳細を見る

    4月第2日曜日 日長の御馬頭おまんとまつり
  • 日長の御馬頭

  • 華やかな飾馬と引手がお囃子はやしに合わせて練り歩く
    御馬頭(おまんと)は、五穀豊穣・雨乞いを祈願する知多一帯で行われてきた祭りです。標具(だし)と呼ばれる「札・御幣」などの作り物を立て、首かぶとや鼻当てなどで飾った馬を神社に奉納します。カラフルな装いの引手、高張提灯やお囃子なども加わり、とても華やかで賑やかな祭りです(市指定無形民俗文化財)。
    「日長の御馬頭まつり」は、神社に向かう「道中」、引手が神社神前で受ける「お祓い」、 神社石段下の通りで行われる「献馬奉納」で構成され、献馬の引手は地元の厄年の初老男性がつとめます。

    日長の御馬頭まつり
    イベント詳細を見る

    Spot Overview

    日長神社

    日長神社ひながじんじゃ
    尾張名所図会(江戸時代)にも紹介されている神社で、御馬頭祭りが有名です。秋には、紅葉が楽しめます。

    スポット詳細を見る

    7月

    7月第4土曜日 白山社はくさんしゃの祭礼
  • 巻藁提灯まきわらちょうちんを飾った知多唯一の山車が登場

    白山神社の祭礼で公開されるのは、山車全体を漆塗りと金箔で仕上げた、知多半島でもここだけに残るとされる「重箱車(花車)」。津島天王祭の車楽船の飾り付けと同じように、巻藁部分にたくさんの提灯を半円状に飾るスタイルの山車は、今やこの白山神社の山車のみ現存するではないかと言われています。曳くことはできませんが、夜には提灯が灯され、夜空を背景に美しい姿を見ることができます。

    白山社の祭礼
    イベント詳細を見る

    Spot Overview

    白山社

    白山社はくさんしゃ
    1614年創建。夫婦和合、縁結びの神とされる菊理媛命を祀っています。寛政年間と推定される一台の山車が保存されています。

    スポット詳細を見る

    10月

    10月第1日曜日 朝倉の梯子獅子はしごじし
  • 朝倉の梯子獅子

  • 高所で舞う獅子のはなれ技にドキドキ!
    朝倉の人々を苦しめた獅子(猪)を梯子で退治したところ、翌年は大豊作となったことから、猪の供養と豊作を祈願して始められた祭りと言われています。
    獅子頭(カブ)と胴身(ウス)との二人組が、31段の梯子を上り、丸太柱で組み立てられた高さ9メートルあまりのやぐらの上で、はなれ技を披露。約30分間、2人はお囃子に合わせて、まるで曲芸のようにやぐらの上を軽やかに舞います。
    本楽は、何組もの獅子の舞が奉納されますが、前日の試楽は夜に行われ、ライトアップの中で幻想的な舞を楽しむことができます。県指定無形民俗文化財。

    朝倉の梯子獅子
    イベント詳細を見る

    Spot Overview

    牟山神社

    牟山むさん神社
    知多市朝倉地区の氏神で、祭神は天御中主尊。1266年に創建されたと言われ、拝殿には伊勢神宮の古材が使用されています。

    スポット詳細を見る