平成29年9月30日(土)10月1日(日)牟山神社にて愛知県の無形民俗文化財である朝倉の梯子獅子が開催されます。
朝倉の梯子獅子は、その昔、イノシシによって農作物を荒らされ困っていた朝倉の村人たちが、
梯子攻めにし獅子を退治したところ、翌年は大豊作。そこで村人は、豊年祭と共に獅子の供養を思い立ち、
慶長4年の例祭に梯子に登る雄獅子の舞を演じたのが始まりと言われています。
丸太柱で組み立てられた高さ9メートルあまりのやぐらを山に見立て、獅子頭(カブ)と胴身(ウス)との二人組で31段の梯子を上り、約30分間、お囃子に合わせ曲芸的な離れ業を演じます。

高さ9メートルの梯子

高さ9メートルの梯子

カブを肩車して梯子を上るウス

カブを肩車して梯子を上るウス

梯子の上で跳ねる獅子

梯子の上で跳ねる獅子

朝倉の梯子獅子フォトコンテストも同時開催です。

詳しくはトップページ写真散歩にて

hasigo