先日中日新聞知多版に掲載されました、市指定文化財の「熊野観心十界図」及び「那智参詣曼荼羅」ですが、知多市歴史民俗博物館にて開催中の収蔵品展「端午の節句 五月人形展」会場にて特別公開しております。(「熊野観心十界図」のみ)

大正、昭和時代の段飾り、座敷飾り、武者人形、土人形、こいのぼり、武者のぼりなど 男の子の健やかな成長を願って飾られた五月人形を紹介する収蔵展です。

yoroikabuto
期間は5月12日(日曜日)まで
時間  午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料 無料
休館日 4月22日(月)、5月7日(火)

また、ゴールデンウィークのお楽しみとして、甲冑を着て記念撮影をすることができる「甲冑を着てみよう」のコーナーもございます。
参加費 無料、予約不要です。
「甲冑を着てみよう」の期間は5月3日(金)から5日(日)の午前10時から正午、午後1時から4時の限定ですので、お気をつけてお越しください。

知多市歴史民俗博物館  (住所:知多市緑町12番地の2)
知多市民俗博物館